電気柵の検討

 ネットは張り巡らせたが、精神的な結界のレベルである。ケモノにいつまで通用するかは見えない。2m以下だから鹿が本気を出すと飛び越えてしまう高さであり、網の針金で止めてある足下もイノシシが鼻を突っ込めば簡単にめくれて入れてしまう感じだ。イノシシでも鹿でも、網に体重をかけると簡単に支柱は曲がったり倒れたりするだろう。先週どういう状態だったのかは不明だが、少なくとも2本の支柱は曲がっていたし、そのあたりの網は上端が外れて1m程度の高さになっていた。そこから鹿が侵入した可能性は高い。
 ということなので、現在電気柵へのグレードアップを検討している。何はともあれ電源回路が必要なので、選定に入った。2005年に発行された「別冊現代農業 鳥害・獣害こうして防ぐ」の中に、とある自動車会社を定年で辞め、その後いろいろな電子装置を開発している方の記事があり、回路図が載っていた。HPを辿ってみると、作り方も載っているし、部品から完成品まで、いろいろな形で提供されていることがわかった。まだパソコンという言葉もなかった大昔、マイコンを組み立てたりしたこともあるし、もう一度半導体用の半田ごてなどを探してやってみるかという気持ちになっている。ただ、そうやって作ったマイコンは2台とも動かなかったっけ。


tag : 電気柵 獣害 害獣対策

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード