田んぼの生きもの・思いつき

 水奉行のレポートによると、1号田んぼ手前のため池に放したドジョウはいなくなったらしい。死んだものを1匹発見したらしいが、あとは田んぼに移動したのか、アオサギに食われたのか、今はやりの空中散布処分になったのだろうか。まあとにかく、田んぼの生物環境通しての可能性は大きいと思うが、3月前には土の下だったところである。削り取った赤い粘土を積んで作ったばかりだから、生物を受け入れられる環境になるには時間がかかるのかもしれない。
 ため池については、もうちょっと大きくしないと温度も上がらないため来年にかけてどんどん変化していくことになるが、水奉行が掲示板で指摘しているようにあまり生き物向けの環境ではないように見える。とりあえずはここにも米ぬかを撒いて微生物を増やすところからやっていくことも良さそうに思う。ため池と1号田んぼの間は、水奉行が生き物の出入りをしやすく改造すると言っていたが、温度的にも微妙な部分になる。低温の沢水と田んぼの温められた水が交わるから、中間の温度のエリアとなる。淡水と塩水が混じる汽水域のようなものかもしれない。生き物により適温や好みの温度は違うだろうから自身で適当な場所を探すんじゃないだろうか。今はため池の出口にツイタテ状に板を立て、冷たい水がイネの方に向かわず2号田んぼへの出口に向かうようにしているが、生き物のことを考えるとこれは取った方がいいかもしれない。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード