LEDライトについて

前にも触れたことがあるが、LEDライトは会所農場での生活の中で大活躍している。100m程度先のものならかなりの明るさで照らし出すから、夜間の敷地内チェックにはちょうどいいのである。以前は趣味の対象という感じもなきにしもあらずだったが、いまや実用品に変化している。
だから必ずしも最新型を揃えるという訳ではない。通の人はLEDのメーカーや型番などから評価するんだろうが、それほどの知識はないし調べる暇もない。一つの判断基準はリチウムイオン電池である。以前はCR123A互換の充電池を使うものが主流という感じだったが、今は18650というタイプの充電池を使用するものが増えつつあり、これを基準としてオークションで安いものを買うというパターンにしている。
この電池、ノートPCの充電電池として使われているから大変ポピュラーな存在のはずだが、ふつうの電気店には置いてないようで購入するのはちょっと面倒である。安く買おうと思うともっと厄介である。通販という方法もあるけれど、私は秋葉原のとある店で買える中古品なのか新古品なのかわからないやつを愛用しているが、特に問題はない。ただ、エネループに代表される単3などのニッケル水素充電電池に比べると、充電時の管理などが難しい上に、入手できる充電器も中国製の怪しいものしかなかったりするからだ。ライトとしては電池を2本入れるものよりは1本のみの方がずっと扱いやすい。中に入っている回路によって、昇圧などもできるんだと思うが、1本より2本の方が明るいというわけでもない。

今、会所の常備しているライトはこういったものだ。いずれも敷地内の動物(イタチやウサギなどの小さいものも含め)の眼を青く光らせる能力を持つもの。
LEDライト軍団


このほかに横浜に常備しているもの、普段の通勤時に持っている小さいヤツ、車に乗るときの常備品がある。こりゃライトだらけという感じだな。場合によっては、ロケット弾発射装置やエアガンに取り付けるということも考えてみることにしよう。手が2本ではどうしてもライトを持つ手が不足するのである。

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード