ライブカメラの準備は出直し

当家の昭和27年築の家は、屋根の下に屋根がある。寺院建築などでは同様のものを裳階(もこし)といったりもするが、こういう一般の民家にその名称が適切かどうかはわからない。ただ、屋根の懐が深くて夏の暑さや冬の寒さに対する抵抗にはなるようで、なかなか気に入っているところだ。

ライブカメラ場所2


先週書いたように、ライブカメラをどこに取り付けるかを考えてみたが、家の周りの樹木はやはり相当に高く茂っており、普通の軒下(つまり裳階の下)では相当刈り込む必要があると判明。西側の樹木を切ることには抵抗もある。次善の策として上の屋根の下に取り付けるしかないようである。ただ、吹き込む雨や露に対する備えは必要条件になる。基本機材の準備はできたのだが、そのあたりの検討が必要だった。脚立で上がる必要があるとなると、精神的には重くなってくる。

ライブカメラ場所

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード