これも年中行事、川水揚水関係

 今回は時計もストップウォッチも忘れたので水量の計測は行わなかったが、お盆休み初め頃の大雨から日数も経過しており、今週は川水を入れようということで日曜日の夕方前にポンプをチェックして電源を入れてみた。ところが水はでてこない。藪の上からのぞいてみると、下のポンプ小屋のところで盛大に水が流れている、あーあ、というところである。


外れたパイプ
    写真はいずれも接着し直したあとに再度はずれた際のもの
 
 スイッチを切って下に降りると、古い縦配管と今回の水中ポンプからのパイプの継ぎ手部分が外れている。割れたわけではなく50ミリのVU管と45度のエルボーの接着部分が外れていた。接着剤を持ってきて継ぎ手をつなぎ、念のためにテープでぐるぐる巻きにして乾かし、SWを入れて水がでることを確認して問題部分の様子を見ていた。しばらくは平気だったが、突然同じ継ぎ手部分が外れてパイプの中の水が大逆流、これはものすごい勢いでそんな状況にもかかわらず良い見物であった。


外れたパイプ2

 
 当該箇所をまたみてみる。接着部分の表面は固く変質しており、溶剤で溶かす方式の接着剤ではもう高圧には耐えられないかもしれない。どうもつなぎに使っている50㎜VU菅が古かったんじゃないかという感じもする。外れた部分を無理矢理エポキシ樹脂で固めるか、このあたりのつぎはぎの継ぎ手を全部取り替えるか、撮ってきた写真を見ながらちょっと考えないといけない。私自身は別のつなぎ方を考えていて自作のつぎはぎ継ぎ手も用意していたのだが、実際には作業をした農機具屋さんの手配した資材で組まれたため、なかなか対策も考えづらいところだ。
 

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード