ルーキーハンターの心配ごと

 当面の敵はシカである。おそらくイネの苗を食べたヤツらであり、田植え後のイネもジャブジャブ入って食べていた、ネットを食い破ったり、私がみているときに隣のススキが原から入り込み追っかけっこをしたといった色々なことをやってきたシカたちは、もしかしたら我々の入植前から遊び場にしていて、自分たちの土地にあとからノコノコ入ってきたおじさんたちが一所懸命エサを作ってくれていると思っているんじゃなかろうか。
 これまで、共存というより我々の領域を尊重して山に帰ってもらおうと努力を重ねてきた。今回山側に設置した柵は、防獣ネット+トタン+電気柵+海苔網(上)+海苔網(下)という具合に5つの防御要素を組み合わせたものだ。でもヤツらはあきらめない。

 罠を仕掛けるとなると、いろいろ考えるべきことがでてくる。今回の大幅な柵の改修の前であれば、どこから入ってどのあたりを走り回っているかは見当がついた。実は当敷地内にもケモノ道は存在するのである。そのあたりに設置すればヒットの確率は高かったかもしれない。しかし今は、かなり状況が異なってきている。少なくとも先週1週間はこちらの領分には入っていないはずだ。きっとトタンを押し分けてはいったのが最後だろう。だからヤツらにもストレスがたまっているのである。
 どこにどうやって仕掛けるのか、それが最初の課題だ。おそらく近いうちにこちらの防衛線を突破してくるのは間違いないところだから、そこが一つのポイントになるだろう。続いて杭をどうするかという問題がある。ワナにかけても、そのワナ自体を固定しておかねば獲物はワナをつけたまま逃げてしまう。だが、仕掛けようという農地内には手頃な樹木などがないため、埋めた杭などで固定しなければならない。ケモノに気取られずにこういう仕掛けを埋めるのはかなりの難題だ。
 しかしやっぱり最も大きな心配事は、ワナに獲物がかかったときにどうするかだろう。猟友会に「とめさし」を頼む手もあるかもしれないが、自力で問題解決をする覚悟も必要だ。ワナにかかったシカに見つめられながら棍棒でぶん殴ったり包丁で一気にやるというのはチョットという気もする。一方では、シカ肉、イノシシ肉などにも興味はあるんだが。まあとにかく、にわか猟師にならなければ米の収穫もおぼつかない。

comment

Secret

No title

tomoのコメントが消えちゃったな
なぜ?

No title

ホントだ。なんで????


会所のイノシシ、鹿私もたべたーい!

No title

またおいで
鹿・イノシシは獲れるかどうかわからない
だが、しめ方やさばき方の研究はやっている
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード