絶縁性をあげる高圧ワイヤーの支持方法について

 いろんなことを反芻してみると、ワイヤーをネットに絡ませればいいというのはかなり安易な考えだった。このやり方だと、一応絶縁性はあるはずのビニロンのネットではあるが、百メートルある網の、縦糸との接点だけでも1万カ所というようなオーダーだし、線状に接触しているところもあるからワイヤーと接触する箇所は無数にあるといっていい。数千Vの高電圧だからリークする電流の総和は馬鹿にならないだろう。
 と考えると、少ないポイントでワイヤーを支持する方向で見直す必要がある。電気柵用の碍子も売られているが、当初は網に絡ませればいいだろうと安易に考えていたからよく調べていなかった。今は選んで注文している時間がない。いつもそうなんだ。今朝も電車の中で考えてきたが、プラチックの洗濯バサミがいいんじゃないかと思いついた。柵の支柱は一部に8分の晒し竹も混じっているが、基本は21ミリ径の農業用ポールである。これの適当な高さの部分をピンチで挟み、ピンチの穴にワイヤーを通せばいい。これで支持箇所数は30程度に激減する。場合によっては、ピンチをポールに接着したり、あるいはさらに絶縁性の高いものを挟んで性能を上げるということも可能だ。ピンチとワイヤーを結束バンドでつなぐとさらに絶縁性が高くなるかもしれない。このあたりは検電器でチェックしながらいろいろやってみるのが良さそうだ。となると、安くて種類の多い百円ショップで適当なものを探すのがいいだろう。
 また、先週末の段階ではワイヤーはトタン直上の1段に留めていた。網の上端のワイヤーを生かすと電圧が低下して降下がなくなるため止めていたわけだが、このような支持方法で絶縁性の確保ができて電圧が上がれば、猿よけの最上部ワイヤーも生かせるし、敷地全体を囲うことも可能になるはずだ。ということで、ワナとは別の防御対策も進展しそうである

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード