田んぼの南北問題には原因があった

 当家の田んぼでは南北問題が発生していた。1~3号の田んぼでは南半分の稲が北半分に比べて元気がないのである。もう一つの育ちがばらつく現象は1号と2号の水口そばの稲の発育不良で、これは沢水の水温が低いと原因ははっきりしていたが、南北問題はちょっと理由がわからなかった。緩やかな北斜面だから、日当たりだろうかなどと考えていたところだった。

南北問題


 先ほど、東京駅の地下ホームで横須賀線の始発を待つ長い待ち時間にこのことを考えていて、もしかしたらと思い当たることがあった。田んぼのエリアは南から北に向かう斜面だったので、南側を削って北側に盛るという基本的な作り方をしている。このため、南側はユンボのバケットや排土板で土を削っている。当然、それまで生えていた草を含めて削って北側に盛ったのだった。だから南側では昔の耕盤である粘土まで出てきたところもある。それ故永く地下にあって養分がほとんどない土が田んぼの底になっているのではないだろうか。その後耕耘したり代掻きもしたから少しは混ざったかもしれないが、そんなわけで南側の養分がより少なかったのだろう。

1号の南北問題


 1号田んぼの西側はもっとも元気がない。それほどひどかったとは思えない先日の台風の風でかなり倒れてしまったが、実はこの付近もレベルが相当高くてせっせと削ったエリアだった。これだけではちょっと説明力が弱いかも知れないが、実はもう一つ確かに見える証拠がある。4号田んぼは昔とあまりレベル的な変化がなく、今回の造成でもあまり土の移動は多くなかった。ここの作柄は1~3号に比べてかなり良さそうなのである。漠然と田植機で植えたからと考えていたが、実際は土を削っていなかったところにあるんじゃないかと思う。そういえば、そのあたりにはススキがかなり生えており、土に鋤込んだような記憶もある。
 ということで、来年に向けては堆肥や稲わらなどを秋から撒いておき、地力をつけておくことが必要だ。それと冷水対策だが、これはまた別項で検討しよう。
 

comment

Secret

No title

稲の穂がうらやましいばかりです
ちゃんとした田んぼになるまでには何年かかかりますね
うちのおやじも細かい田んぼを整理したときに同じ経験をしたのじゃないかと思いました。
隣のおじいさんは、代掻きをするときに化成肥料を混ぜ込んでおくといいよって言ってました

No title

毎年の結果をフィードバックして、次の年にはパーフェクトと考えないときりがないみたいです。稲刈りが終わり次第、稲藁と鶏糞を撒いて来年の豊作を夢見ることにします。ジャッキーさんも頑張って下さい。
当方の場合、これまでの獣害は鹿がメインでしたので、猪鹿対応で害獣対策(ネット)は厄介でした。そちらに鹿はきませんか。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード