結構大変な米作り(4)籾摺り編

籾すり玄米


 手順としてはこの前に乾燥機が入るが、まだ使っていないため籾摺り機について書く。これもなかなか強力な機械である。ハーベスターから出てきた籾は、当然籾殻を着ているし藁くずなどもかなり混じっている。これを、強力なモーターで駆動される1対のゴムローラーと強力な送風機ではじき飛ばして籾だけにするものだ。先々代さんは万石式という骨董品的な道具をヤンマーのディーゼルエンジンで駆動して籾摺りしていたようだが、今回ご近所さんからいただいた比較的新しい機械に職人技は要らないようだ。機械に貼ってあるラベルの指示通りにやるとどんどん玄米が溜まる。代わりにアラヌカ(籾殻など)が吹き出してくる。家の玄関と納屋の前になる中庭は、籾殻などが散ってもOKの作業場に早変わりする。
 この機械については、最初に1対のゴムローラーの間隔をセットしてしまえば、あとは籾を流し込むだけだ。ただ、終わるタイミングがよくわからない。玄米がほとんどでなくなってから「残米」の取り出しという操作をしたが、これでいいのかどうかはちょっとわからないので、今度農機具屋さんに聞いてみることにしよう。あと、米が中に残っているような感じで、最終の掃除の仕方がよくわからない。これも確認事項。当家の場合、今年はコシヒカリと古代米(黒米)、来年はこれにモチ米が加わるので、混じらないようにしなければならない。
 

theme : 週末農業
genre : 趣味・実用

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード