猿の話題

 当家でも何度か猿を見かけたが、作物のエリアには入ってきていないはずだ。が、田んぼの向こうの山や藪まではきている。しかし、ご近所さんには当たり前のようにやってくるようだ。しかも、来るだけではなく持って行く。当家より奥の家々ではカボチャが根こそぎやられたらしい。次は当家だといわれていたようだが、実際には来なかった。どうやら草ボウボウだったし、何年も耕作していなかった土地だから気付かなかったんじゃないか、ということになっている。おかげで当家のカボチャは無事収穫できた。

 しかしサルに関する話題は結構多い。カボチャにしてもどこかのお宅では1個だけ残されていたことがあったらしいが、それはどうも3個しか持てないため渋々残りの1個を置いていったらしいとか、米を食べるとき、田んぼのそばの濡れているところに藁を敷いて座布団のようにしながら食べたあとがあったとか、なかなかおもしろい生態は伝わってくる。だが、やられる方はたまったもんじゃないので、電気柵は24時間体制で稼働させている。サルは昼間に現れるのである。

 田んぼについていうと、一度書いたことがあるが当家から1キロほど離れたところは、数十匹のサルの群れにやられて1枚全滅とか、ハザがけしてあった稲の束を小脇に抱えて山を登っていく様はかなり頻繁にみられるらしい。今回はハザがけした稲束の大半には網をかけてきたが、一部何もやっていない束もあり、どうなるかは気になっている。

theme : 週末農業
genre : 趣味・実用

comment

Secret

害獣について

害獣対策でお悩みになることがあれば、いつでもお知らせください。
当方君津市在住です。
犬を使った害獣対策で、実用新案を取得しております。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード