来年に向けた田んぼの課題

 慌ただしく作った割に田んぼのシステムはそれなりにうまく機能して、とうとう本当の米を作ってしまった。しかし、獲れたといっても標準的な単位収量に比べるとかなり少ない。冷静に考えるといろいろと改善しなければならない問題の所在に気づく。そうしたことを整理して、この秋冬の間に片付けなければならない。
 
 まず第1の課題は、田んぼの土と肥料の問題である。これは一見別の話のようにも思えるが、一応有機栽培にこだわっていることもあり、この2点を関連した話として受け止めて検討するつもりだ。 第2には田んぼのレベルの問題がある。3月下旬の造成工事のあと、結局4月いっぱいは田んぼを水平にする作業に追われたが、不十分なままで田植えに突入し、後々の問題につながった。半年間の湛水で土も動きいくらかは改善したと思うが、確認して不十分なところは直さなければいけない。第3は田んぼの平面的なレイアウトの見直しである。4枚の田んぼの周囲には無駄なスペースが多い。また畦もガタガタであり、畦を歩くのはいささか苦痛だし、畦ももっと綺麗に狭くして田んぼの面積を増やしたい。第4はその畦である。3号の畦は2回決壊しているが、無駄に広くて整形でないことに加えて弱いという弱点もある。造成時にさかのぼると、ユンボで盛り上げただけに近く、転圧などをちゃんとやらなかったところに大いに問題がある。そのあたりをきちんとやり直さねばならない。第5は配水計画、ポンプには結構泣かされた。ただ、雨がかなり多かった今年は、電力を使って川の水をくみ上げた量は1割程度で済んでいる。毎年そうはいかないはずで、沢水の安定度を上げる工夫がいる。第6は害獣防止計画だ。これも苦労の連続だった。植える前の苗の段階で上部を食われたり、植えてからも食われたり倒されたり、シカには泣かされた。これをなくすと稲もかなり健全になると思う。
 
 もちろんこうしたこと以外にも問題はある。たとえば苗の作り方、田植えの時期、中間で水を抜くのか、刈り入れ前の落水のタイミングはいつ?。こうしたソフトも課題だがとりあえずはハードの問題点を整理する。

                                   つづく 

theme : 週末農業
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード