ビオトープ

 これについては RookieFarmer の弟に担当になってもらっている。この間の週末にはやってきたが、水の流れをみただけに留まっており、具体化は今後のようだ。まだ内容が固まらないうちにこちらの期待も整理しておこう。
 こちらの田んぼでは常時湛水をしない予定だ。一方で、色々な生物がやってきて暮らすような田んぼにしたいという気持ちもある。だから、今4枚と想定している田んぼのそれぞれについて、干したときに生き物が逃げ込めるような待避所としての機能を持たせて欲しいんだが。

 それ以上は何も条件をつけないのでよろしくやって欲しい。 →弟
 

comment

Secret

ビオトープ?

とは一体なんでしょうか?何を目的とするもの?

ビオトープとは

簡単に言うと、色々な生物が暮らせる自然環境を人工的に作ったもの。
具体的にはメダカや蛍などが生息できる生態系(餌になるような植物・
生物を含む)を作るといったようなことかな。
農薬などを使わない昔の田んぼは、水生生物や鳥類なども集まる環境で
これも一種のビオトープ。会所でつくる田んぼもそういう方向を目指すが
水については、溜めたり干したりを繰り返すような農法になる可能性があり、
集まる生物などの逃げ場として、ビオトープをセットにする必要がありそう。

じつは、むかーし勉強したことがある。
ビオトープ。
なんか、資格とかもあるよね...。
専門学校時代、少し野生動物だとか、自然だとか、野鳥だとか...そんな勉強をしました。

ビオトープに資格があるとは知らなかったね。
まあ、奥は深そうだが。

とものHPのこちらへのLINK、新URLに更新してください。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード