山の水止まる、何とか復旧

 朝起きて敷地内の山の水を見たら、雨が降っているにも関わらずどうも少ない。 水源地に行ってみたら堰から水が漏れていた。溜まっている水はかなり多く、取水口の籠は潜っていて全く見えない。仕方なく最も近い継ぎ手を外し、底さらいを始めた。見えない籠を手で探ってみると、半分くらい泥に埋もれており埋もれていない部分も木くずや落ち葉などが張り付いていたため、手ではがし始めた。ところがしばらくすると、どうしたわけか水が出なくなってしまった。これじゃ、開通前と同じである。

道から水源地
                       水源地はこの奥にある

少ない水
                       流れている水が少ない

 
 一旦家に戻り、前回役に立ったプラスティックの棒を取って現地に戻った。籠の目をようやくくぐる太さの棒で、これを外から突っ込みパイプの出口を突っつくのである。しばらくやっているとパイプの先から勢いのよい水の音がした。ほっとしたところで異変が起きた。ブーツが水の底の土に潜り込み上がらないのである。もがいていると反対の足も潜り始めた。そのうち水が入り始めてしまった。何とか両手と片足で一本ずつ引っこ抜いたが、もうデジカメどころではない。勢いのいい水の写真がないのはそのせいである。雨降りらしい水の流れにはなったが、このシステムは結構メンテに手間がかかる。今回は少し上流を堰き止めて水を溜めるようにして、泥やゴミがそこにも溜まるようにしてみた。取水口の籠の外側にもう一段網を巡らしてもいいかもしれない。また今度までに考えておこう。


潜った取水口
                       取水口の籠はこの泥水の中

comment

Secret

底なし沼に嵌らなくて良かったですね。
一雨降ったので今後供給される水量が気になるところです。
取水口周りの浚渫工事が必要でしょうかね。

外山の水源地対策

まだまだ続きがあり、新たに書き込みました。どうやら持病と付き合うようなもののようです。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード