農業をどうするか

 今回購入する土地のうち、登記上の農地は4,008㎡、約4反である。航空写真を使って実際の面積をあたってみると4,790㎡になる。(この4反という数字はちょっと微妙なんだがそれは別項で触れることにしよう。)実際の面積は、今まで借りていた市民農園の面積(3区画計45㎡)の100倍以上になる。
 使えるかどうかわからないが、一応納屋の中には農業機械が4台ほど入っていたので、彼らには働いてもらうんだが、それでもこれだけの面積を素人が耕作できるかと考えると、いくら楽天的な私でもさすがに自信がない。それに、後少なくとも3年くらいは仕事を続ける予定なので、基本は週末農業とせざるを得ない。
 そんな制約条件の中でいろいろ勉強するうち、故福岡正信さんの「自然農」法に行き着いた。耕さない・肥料はやらない・農薬もやらないという農法が本当に通用するかどうかはわからないが、収量よりも自然の産物がいいと思うし、本当に仕事と縁が切れる頃までには土も慣れてくるだろうという楽観的な考えから、全体の約8割については、自然農法を忠実に実践しようと考えている。ここで期待するものは米と麦、穀類である。
 残りの2割については、これまでカミサンが市民農園でやっていた延長のいろいろな野菜の栽培ということになる。ジャガイモ・夏野菜・大根カブ類、キャベツはくさいブロッコリなどだな。ただ、輪作の関係で2割位を確保するけれど、そのうち半分くらいは落花生を植えようと考えている。
 さて、一体どのくらい獲れるんだろうか。米の場合、反収10俵(60Kg×10)が目標のようだ。麦はその6割程度(35Kg×10)と考えると、約3反ではそれぞれ1,800キロ、 1,050キロとなるんだが、耕さない・肥料はやらない・農薬もやらないという農法では一体? この結果は2年弱後に明らかになる。

tag : 会所農場

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード