会所高原・もみじまつり

 近所の分校跡で開催された「もみじまつり」に行ってみた。分校自体については書いたことがあるが、この機会に写真をアップしてみよう。
 
 分校全景2

 
 道路側から見た元分校である。中はおそらくすべては使われていないと思うが、地域の人たちで運営されている蕎麦打ち教室と蕎麦屋となっている。この写真は平常時のもの。入学式や卒業式が行われたはずの大きな教室で蕎麦打ちの授業が行われる(毎土休日、午前午後の2回)、蕎麦を食べるのは教室である(これも土休日)。壁には当時の小学生の絵や習字などがそのまま貼ってある。
 
分校跡2

 
 分校跡は雑木林に囲まれている。付近には営林署が管理する「筒森見本林=様々な樹木が植えてある」もあり、裏には沢が流れていて森の分校という感じである。
 
分校跡3
 
 
 今回の「もみじまつり」では、普段では考えられないほどの人たちが来て、駐車場+直売所+イベントでいっぱいになっていた。なにしろ車しか手段がないから、とても校庭では車を収容しきれずにあたりの道路まであふれていた。イベントは「和太鼓」のグループの演奏、午前と午後の2回。
 
もみじまつり
 
 
 地区の人たちは総出という感じで、蕎麦屋・直売所・豚汁・焼き芋などの係を担当していたが、こちらは家でやることが山ほどあり、太鼓を聞きながら蕎麦を食べて戻った。
 

comment

Secret

No title

今年は国産のそばは天候不順の為殆ど全滅に近いそうです。
会所の蕎麦はまだ食べていませんが自然の味がするでしょう。

No title

部落内の遊休農地を蕎麦畑にしているようですが、
ソバは収量が少ない上に、
粉にするまでに目減りするので
ソバ粉の確保は大変だろうと思います。
私の会所農場も、全所有者が一時期蕎麦畑として貸して
いたらしいです。
おかげで、昔の田んぼが崩されてしまいました。

No title

楽しそうなお祭りですね。来年は是非おうかがいしたいと思います。
土曜日は家の方でも田奈農協祭りをしていました。
秋の収穫祭という感じで、こちらも野菜販売や露店をやっていました。

No title

もみじまつりもいいが、
この分校跡はなかなか雰囲気がいいんだよ。
来たときに一度いってみるといいと思う。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード