タヌキの到来

 既報の通り、タヌキが入ってきていた。いた場所は1号と2号の間の畦、2号田んぼの手前にはモミガラ袋を積んであるが、その向こうにいた。出くわしたときの距離は10m以内。向こうはすぐに逃げ出したが、あぜ道は2号田んぼからは1m位上がったところになり、畦の上は凸凹だから走りにくいのか、それとも太りすぎで体が重いのか、こちらが走れば追いつくくらいのスピードだった。しかしこちらは、タヌキがいること自体が面白くてついつい追いかけるには至らず、見とれるような感じだった。
 ずっとシカとウサギが現実の害獣、イノシシが警戒対象だったので、タヌキは想定外だった。まだ被害があったのかどうかもわからないので、習性などを調べることやどう防御すればいいのかを考えなければいけない。
 
 これまで気になりながら放置していたことがあった。それは野菜の切れ端や割れたカブなど、色々な残さを畑の一角に置いていたのだが、これをやめることにした。大多喜の家で発生する生ゴミとともに使用済みのモミガラ袋に入れ、米ぬかや油粕なども加えてボカシにして畑や田んぼに返すようにするつもりだ。これは獣害対策でもある。放置してあるクズを食って、その延長で畑に生えているものまで食べられることは防ぎたい。稲の苗から食べはじめて田んぼにまで入り込んでいたシカや、落花生に最後までつきまとったウサギの被害を繰り返さないようにしたい。タヌキもそのあたりから居着く可能性がある。田んぼの向こう側まで追っていったが、ロケット花火をとばしてもなかなか逃げずにこちらをみている。よっぽど執着があるのか、あるいはこちらの力を見切っているか、どちらだろう。

comment

Secret

No title

たぬきもですか、野生動物の宝庫ですね
野菜を作っているからでしょうか
たぬきってなにを食べにくるの?人間を見に来たの?

生ごみ処理には薬の代わりに畑の土で十分だって
家庭菜園をやっている千葉の知人が言ってましたよ。

No title

そうなんですよ、まさに宝庫です。
タヌキをwikipediaでしらべたら、カエルや虫などをたべたり、
生ゴミをあさったり、まあ何でも食べるようですね。
ただ、農家としての実害はあまりないかもしれません。
来週からは見回りの時にパチンコを用意しますが、
なんだかユーモラスだし実害がないとすると、
あまり追い払うような気分にはなりませんね。
そんなこと言っていると化かされるかもしれないが

Re: No title

> 生ごみ処理には薬の代わりに畑の土で十分だって
> 家庭菜園をやっている千葉の知人が言ってましたよ。

それは土着菌というその地の風土にあった細菌を使って
分解する「王道」ですよね
畑以外に山や藪から土を持ってくるのもいいらしいですが、
どうも買ってきたものに安易に頼ってしまうんですよ。
沖縄発の「EM菌」は冬は元気がなくて
土着菌の方がいいんだ、などと書いてあったりしますが
今ちょうどそのあたりを勉強中です。

No title

野生動物はかわいく見えても油断は禁物です。 たぬきやアライグマなどもかわいく見えてもいざ追い詰められますと凶暴性が出て危険です。 彼らは爪が長く手先が器用でスイカなどは穴を開けて中身だけきれいに食べられるそうです。 こちらでは大型の動物はまだ出ておりませんがたぬきアライグマのほかにきょん(小型の鹿)やハクビシンは出て困っております。

No title

しかし、動物と接点があるのはなかなか楽しいとも思っています。猪とは実際には対決していないからそういえるのかもしれませんが。
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード