上の池の構造について

 沢水を最初に受ける池を「上の畑」の一角に設置する予定で、その詳細は水奉行が検討しているはずだが、先日あったときにちょっと話した概要(5m×2m 深さ1m前後)のうちの深さのことが気になっている。確かに生き物の越冬などを考慮すると深さ1mは必要と思われるが、ベントナイトあるいは遮水シートで止水することを考えると、底の部分はともかく立ち上がりの止水性の確保はかなり難しいと思えてきた。岸からなだらかな斜面で下げ、局部的に深い部分を作るような形がいいのではないかと思っている。その部分についてはトロ函などを埋め込んでもいい。よっぽどうまく堰と取水口を再構築できれば別だが、沢から泥土を持ってくる可能性は高いので、それらを浚うときにはトロ箱などがあった方が止水層を破壊する危険を回避しやすい。
 
 そもそもの設置目的は水温上昇だったが、10立米程度の容量だと入れ替わるのに5時間くらい(平均)の時間がかかる。この程度で効果はあるのだろうか。田んぼほど広くて浅ければ、17度程度の水温もすぐに20度くらい上がってしまうんだが。

上の池計画

comment

Secret

プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード