プリウスαの燃費チャート

 考えてみると、市街地の一般道路・都市内高速道路・田舎の県道という3種類の道を通る農場への往復は、ちゃんとデータを整理すると道路種別・走行パターン別燃費の分析に役に立ちそうだ。週1回は必ず往復するので、母集団もすぐに増えてくる。そこで、経路の整理を行って燃費計算用のシートを作ってみた。
 経路については、A)横浜の家とアクアライン浮島まで、B)そこから木更津東ICまで、C)そこから会所までの3つに分けることにしたが、AとCについては2つの選択肢がある。A区間は、首都高速湾岸線を通る経路と一般道(産業道路等)の二つ、C区間は給油や買い物のために久留里市街を通る道とショートカットする道である。Aは24.6キロと18.3キロという具合に、ずいぶん差が大きい。Cは31.4キロと32.8キロ、これはわずかな差といっていいだろう。
 距離については、車の距離計ではなくGoogleMapとナビの2種類で計測した。このため、メーターに表示される距離と若干の相違があり得る。走行時の計測値は、そのポイントでの平均燃費を読むというシンプルなものにしてある。ということで、先週末の往復を入れてみたところ、間違い発見。一部を記事上で修正した。一応、この表への入力を続けつつ、燃費パターンを調べていくつもりだ。

燃費チャート

プリウスαの燃費について(8/28の分析)

 昨日の帰りは、往きよりは細かく様子を見たので、一応その範囲でまとめてみる。とはいうものの、納車後3日間しか経過しておらず、速報値というところである。昨日の行程を復習してみる。
                          累計距離     累計燃費表示
 A)会所-->木更津東IC             31.4㎞    32.0㎞/L
 B)木更津東IC-->アクアライン浮島     63.1㎞    30.0㎞/L
 C)アクアライン浮島-->横浜市中区     87.7㎞    27.9㎞/L
 
修正・区間別燃費               正味距離     正味区間燃費
 A)会所-->木更津東IC             31.4㎞    32.0㎞/L
 B)木更津東IC-->アクアライン浮島     31.7㎞    28.4㎞/L
 C)アクアライン浮島-->横浜市中区     24.6㎞    22.4㎞/L
 
 昨日の経路は3つのブロックに分けられる。Aは、房総半島中央部を走る県道で、交通量は少なく信号もほとんどない区間。完全に自分のペースで走れる。時間は計測しなかったが、これまでのペースと比較した感覚で、45㎞/時程度だったと思う。こういう条件では32㎞/L(エアコン不使用)。カタログの10・15モード31.0㎞/Lを上回る数値が出せることを確認でき、ちょっと嬉しい。
 B区間は圏央道・アクアラインの80㎞制限区間である。昨日は、最大限走らせてみようと、エンジンが回らない限界(73㎞/時)あたりを目安にして走ったが、これで28.4㎞/L。途中、軽自動車にもトラックにも抜かれる情けない状態で、この走り方はよほどの時以外は避けたいところだ。
 C区間は、浮島から産業道路・ベイブリッジの一般道を通るルート。昨夜は空いていたが、信号はそれなりにあって赤信号にはかなりブロックされた。まだオーディオをつけておらず、信号待ちは極めて静かで、究極のアイドルストップだ。しかし、その後の発進では平均燃費がどんどん下がる。この区間の平均速度は33㎞/時位だったと思う。区間燃費は22.4㎞/L。(計算し直したところ、間違い発見、最後の数値は23.7㎞/L)
 往路は、混雑していたC区間が18.0㎞/L、B区間が21.9㎞/L、A区間は21.4㎞/Lであったから、かなり大幅に向上したと思う。

プリウスαで横浜帰宅

 走り慣れた道でも、プリウスαで走ると色々違う。会所から木更津東ICまでは32キロ/L、圏央道・アクアラインで浮島を出るときに30キロ/L、家に到着したら27.9キロ/Lとなった。88キロを3.15Lで走ったことになる。
 燃費という観点からみると、房総の山の中を走る信号のない田舎道は伸びる。高速は、71~73キロを超えるとエンジンが回り出すので、それ以下にとどめると燃費はよくなるが、ちょっと流れには乗れず顰蹙を買いそうだ。浮島からは下道を走ったが、信号停止と発進はハイブリッドでも燃費を悪化させる要因になるようだ。
 なお、アクアラインのトンネルの手前まで(距離で半分くらいか)はエアコンを入れなかった。ということで、30キロというのは一つの目安になりそうだ。

今日のプリウスα

 夕方から鴨川に出かけた。特に必要なものがあったわけではなく、カミサンのプリウス練習といったところである。私がいれば100%私が運転するから、カミサンが運転するときは大体単独走行となる。ということで、練習はやっぱり必要だ。

往路
 
 往路ではかなり燃費がよく、23.1㎞、26.9㎞/Lと好調。帰りは累積で45.1㎞、21.7㎞/Lと低下。復路だけを計算すると22キロを18.04㎞/Lであった。帰りは海抜200mまで上ることになるのだが、それにしても3分の2とは悪すぎる。結構ばらつきがあるようだ。
 
往復

プリウスα 納車

プリウス1

 長い間待たされた車がようやくやってきた。今日は午後半休を取って帰ってきたが、それは納車が理由ではない、早く会所に行くためである(いいわけ?)。帰宅後、既に届いていた車に荷物を積み込み、エンジンをかけようとするが、そう簡単にはかからない。色々触って何とかS/Wが入る、エンジンはまだかからない。いつもは後ろに乗るカミサンに取説を持たせて隣に座らせる。わからなくなるとマニュアルで確認である。

プリウス2

 気になる区間燃費を見ながら走り始めたが、最初一桁だった数字は、走るに従いどんどん増える。下道経由でアクアラインに到着した頃が18キロくらい、房総の一般道を走り始めると20キロくらいになり、あとはそこを挟んで若干の上下となる。会所に到着したときは20.4Km/Lとなった。最初のうちは燃費もそれほど伸びないというし、こちらも手探りだし、色々研究してみたい。

オドメーター

プリウス4
プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード