Galaxy Cameraのバージョンアップ

 Galaxy Cameraをみたら、バージョンアップのお知らせが届いていた。もともとは android 4.1 だから、4.3 が発表になったばかりだが、まさかそれはないだろう。だったら 4.2 だろうか、などとちょっと夢は膨らんだが、出かける間際だったため更新は後回しにして農場に出かけた。
 到着後、さっそく更新させる。ちょっと時間がかかり、そのあとにアプリの調整が続く。これはいよいよ 4.2 だなと喜んで端末情報をみたら、4.1.2 だった。OSレベルではほとんど改善事項はないんじゃなかろうか。ただ、カメラのファームウエアもバージョンアップになったようだから、これからその違いを確認してみようと思う。

android412.png
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(9):私の場合①:現在のメインスマホ

 私のメインスマホは、Galaxy Nexus(SC-04D)+IIJMio(mio高速モバイル/Dミニマムスタートプラン)である。2011年冬DoCoMoから発売となったモデルを中古(新古品か)で購入、約2万円くらい。素のままだとテザリングが出来なかったり、セルスタンバイ現象が発生する。ただ、この機種はandroidの元締めGoogleのリファレンス機であり、DoCoMoではなくメーカー純正のROM(基本ソフト)の入手・組み込みが可能である。また、色々な人が挑戦し経過が残っており、それを参考に何とか中身を書き換えた。その結果、ほぼ理想的なスマホになった。
 端末自体の基本性能はNEXUS7(2012)とほぼ同等で画面密度も同じだから、画面サイズが小さいことを我慢すれば同じように使える。シムを入れてあるからこれだけ持って行けばどこでもネット接続ができる。もちろんFOMAプラスエリアでも大丈夫だ。おまけに、テザリングを活かせばモバイルルーターとして他のPCやタブレットなどでネット接続が可能になる。電話は、専用アプリを入れて050PLUSを使っている。
 IIJMioのシムは、公称速さ200Kとなっているが、文字ベースの通常の利用にはほとんど問題はないだろう。facebookなどで写真が出てきたときはちょっと待つが、あとは大体我慢ができるだろう。それに、もっと早い方がよければ、945円の範囲内で無料クーポン(500M)がつくので、それを使えばいいと思う。
 
 ということで、オールマイティの通信端末が出来上がったわけだが、残念なことに途中のモディファイがとても厄介だ。android4.3 が発表になったので、4.2 からのバージョンアップもできるはずなのだが、私はちょっとやる気はしない。もうちょっと大きなバージョンアップでもあれば、あるいはもう一台手に入れればやってもいいが、そんな冒険をするよりはモバイルルーター的な使い方でずっと使えばいいと思っている。ただ、思い切って書き換えをやってしまえば非常に優れた端末になるので、挑戦してみる意味はあると思う。

……続く……
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(8):モバイルルーターを利用する

 さて、要素としてはこれが最後だ(私の不十分な知識としてはです)。私自身、まだモバイルルーターは持っていないが、去年の大晦日に買ったIDEOS(android端末)は、実質的にはモバイルルーターに近いものだった。一応android2.3のスマートフォンだが、メモリーは512Mだし、スマートフォン(android端末)としてはほとんど使えない。ただ、テザリング機能を活かしておけば、WiFiだけのタブレットでも結構使える。ただ、標準の電池では数時間程度しか使えなかったため、大容量電池に交換した。これなら朝から夕方までは使えそうだ。例えばNEXUS7は、WiFi環境で使うと割り切ればかなりコストパフォーマンスは高い。また、比較的短いサイクルで新型が出そうだが、モバイルルーターを確保しておけば、比較的安いWiFiモデルに買い替えていける。
 ということで、モバイルルーターは選択肢の一つとしてもいいだろう。ただ、電池の持ちが悪いものが多いようなので、そのあたりのチェックは必要だ。
 
……続く……
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(7):携帯電話との関係を考えてみる

 もともと携帯にかわる電話のための端末だったスマートフォンを検討するには、携帯電話との関係を整理する必要がある。今回の記事の眼目は、通信費用が安いMVNOの利用だから、移動体通信事業者3社(DoCoMo、AU、SOFTBANK)のシムを入れる普通の使い方を除外して考えてみると、次の2つがある。
  1.MVNOが提供する通話機能付きシムを使う
    (日本通信bモバイルスマホ電話SIM)
    これならMNPで現在の番号を受け継げるが、データ通信については
    もっとよさそうなものがあるので、かなり悩ましいところである。。
  2.050PLUSなどのIP電話サービスを利用する
    インターネット経由で音声情報をやり取りするもので、安価
私は、2の050PLUSを契約して使い始めているが、携帯電話を一番安い契約にして残してある。携帯で一番よく使うのはカミさんとの連絡で、これは今のFOMAなら無料だからとりあえずそのままにしている。携帯は受信専用、発信は050PLUSという方向だ。この二本立ては、カミさんもスマホを使うようになったら再考するつもり。最初のうちは050(私は050PLUS)は安定しなかったり、音が割れたりするのではないかという懸念はあったが、使い始めてみると問題はない感じである(IIJMIO200Kプラン)。これは、アプリのバージョンアップなどの結果かもしれない。今はもう携帯をやめても問題はないんじゃないかと考えている。
1.の方法にも興味がある。携帯も続けて持ち続けるよりは1台にまとめた方がいいかもしれない。通話料は050プラスに比べると高いが、それほど電話は使わないし、メールのやり取りが便利になるので、もっと電話のウエイトは減っていく気もする。

 はっきりしない文章になってしまった気もするが、電話との付き合いや使い方がスマートフォンをどうするかに大きくかかわるので、これを書いてみました。……続く……
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(5):1:シムフリータブレット

 前置きが長いので、一つのケースとしてシムフリーのタブレットを選んでみる。人それぞれ、ベストな選択は人によって違うので、ケーススタディ式で書いてみよう。
 これは、サラリーマン時代の同僚から、会社のPCでGmailを使ったり趣味に関連したことをやるわけにはいかないということで相談を受け、薦めたものである。
 ASUSのFONEPADが発売になったばかりで、ASUSネットショップでIIJMIOの500M定額シムつきで29,800円で売っていたものを購入。最初の500Mを使い切った後は月額945円の契約に切り替えて継続使用中らしい。
    現在もセット販売は続いているようだ。これなら通常開始時に必要なシム代
    3150円は不要となる。
 この人の場合、電話は普通の携帯を今後も使うため、通信ネット接続専用機ということになる。FOMAプラス圏の田舎ではつながらないことがあるが、通常のサラリーマンの生活圏では問題はないだろう。ASUS FONEPAD以外にもベストセラーのNEXUS7にもシムフリー版があるし、NEXUS7(2013)でも出てくるかもしれないし、新型が出たら旧NEXUS7の中古は安くなるし、このパターンなら色々な選択肢は多そうだ。電話として使うなら、050PLUSが使えないことはないが、7インチのタブレットで電話するのはどうかなあ。自分は平気でも、他人からみたら異様ではないかと思う。 …続く…
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(4):端末選びの要点について

 大体のMVNOのシムは、もともとFOMAのシムだからDoCoMoのスマートフォンの中古(あるいは新古品)を選べば一番簡単なんだが、そこにはちょっと問題がある。MVNOのシムはデータ通信専用のものがほとんどだが、これを端末に入れると、あるわけがない音声用の信号をずっと探し続けるものだから、電池がみるみるなくなるという症状が発生する。これは「セルスタンバイ」と呼ぶらしい。ただでさえスマートフォンは電池を食うので、これはちょっと困ってしまう。対策としては通話機能付きのシム、例えば日本通信のbモバイル・スマホ電話SIMを選ぶとか、DTIのServersMan SIM LTE 100+SMSオプションを選ぶという手はある。ただ、データ通信という見地からはこれら以外を選びたくなるかもしれないし、悩ましいところである。
 別の選択肢としては「シムフリー端末」というものがある。これは輸入品などに多いのだが、言い換えると通信事業者が自分の電波のみに対応するようにしているのは日本ぐらいということでもある。ただ、この場合でもセルスタンバイの問題がある可能性があるのでチェックは必要だ。しかし、このケースではもう一つの問題がある。FOMAは、山間部などの電波が届きにくい場所ではFOMAプラスという帯域を使用している。普通の電波より回りこんだりして山陰でも届くようになっているらしい。私の場合は、農場周辺を含む房総半島の山の中は大体これだから、これを何とかすることが重要な命題だった。
 ということで、そのあたりのチェックリストのLINKを貼っておく。
 
    隠れFOMAプラス対応端末リスト(モバイルをバックパックにつめこんで)

ここには、FOMAプラスエリアで電波をつかめるものをリストアップしてあるので、山間部で使う機会が多い方は参考にするとよいだろう。

    高速モバイル/D概要 - 動作確認済み端末 (IIJMio)

ここでは、アンテナピクト表示に○がついているものを選ぶと、先ほど書いたセルスタンバイ問題を回避できる可能性が高い。
それから、テザリングの可否が出ているので、これの説明をしておこう。テザリングとは、その端末自体を無線LANのアクセスポイントにする機能である。複数の端末を持っていたり、複数の人がそれぞれの端末を接続することが可能となる。また、ここでモバイルルーターと呼ばれているものの説明もしておく。これは、それ自体はスマートフォンや携帯などの機能は持っていないが、データ通信の電波を掴んで無線LANのアクセスポイントとして使う専用機である。

端末選びに必要な考え方を一応説明した。まだ抜けているところがあるかもしれないが、それはまたいずれ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(3):MVNO

 通信費を安くするためのキーワードは「MVNO」、私流に簡単に説明すると移動体通信事業者からまとめ買いして、最終需要者に切り売りをするサービスをやっている事業者のことだ。これについての詳しい説明は次のwikipediaを参照してもらうといいと思う。

    仮想移動体通信事業者(wikipedia)

携帯やスマートフォンの料金ほどわかりにくいものはないが、それは色々な販促費による割引があるし、その販促費をひねり出すための上乗せがあったりすることによる部分が多い。MVNOが販売するシムと通信費は、そういった要素を取り除いたNETに近い料金といってもいいかもしれない。今年に入ってから新規参入事業者も増えており、競争による料金の低下やサービスの質的向上が著しい。このあたりに詳しいHPは次のところである。MVNOの比較ページもある、。

    もちあるいてなんぼ。

 MVNOが提供するのは通信(一部通話込みもある)用のシムである。大体の場合、DoCoMoのFOMAの場合が多い。端末は別途用意するか、既存のものを使う必要がある。端末にシムをはめればそれでOKならいいけれど、通常の場合そうはいかないのでそれをこれから説明していく。 …………続く…………
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

安いスマホ(2)スマートフォンの使いみち(私の場合)

 いろいろ考えてみると、起きてから眠りにつくまでタブレットを持っている。しかし、ずっとメールやfacebookやっているわけでもないので、よく使っているアプリをっ確認してみた。
 仕事(農業+八百屋)と密接に関連しているのは天気予報だ。PCでは、ピンポイント・1時間ごとの天気を教えてくれるウエザーニュースを見ているが、スマホやタブレットでは有料サービスでないと十分な情報がもらえないので、タブレット・スマホではyahooの予報を見たりしている。この関係で役に立つのは雨雲マップだ。これはgooglemap上に雨雲を載せてくれるアプリで、離れたところからでも農場周辺で雨が降っているかどうかを確認できる。
 もう一つは地図関係だ。車にナビはついているからそれで間に合うのだが、色々なアプリを入れて渋滞情報などを確認している。androidのマップもナビ機能がついているし、つい最近トヨタが提供している地図アプリも使い始めた。このジャンルは、どちらかというと私の趣味的なもので、まあナビがついていればそれの方がいいかもしれない。GPS(+現在地確認機能)がついていうメリットは多く、簡単な使い方としては最寄り検索がある。
 次はカメラ機能だ。galaxy nexusを結構便利に使っていたが、galaxy cameraを買ってからはすっかりそれに移行している。今のところBLOGなどはPCで書いているのだが、家に戻るとすぐにDROPBOX(クラウド)にデジカメのデータがアップされるのがたまらなく便利。ということで、古い一般のデジカメは出番がなくなりつつある。
 もう一つ、よく使うのは検索機能だろう。いったい何だろうということは頻繁に出てくるのだが、それを覚えておいてあとで調べるというような器用なことはできなくなった。ちょっと前のことも忘れてしまうから。ただ、手近に検索できる端末があるとすぐに調べることができるから、しょっちゅうwikipediaのお世話になっている。androidだと、わりに頭のいいgoogleの音声検索も使えるから、実に簡単である。ただ、検索した結果もすぐに忘れてしまうから、一時的な気休めの類かもしれない。
 あとはいろいろな情報収集手段としての利用だ。ニュースはgoogle newsを主体に、よく利用している。新聞は読まなくなった。定期的な情報収集の主な対象は、スマートフォンやandroid関連の情報である。この1か月くらいはnexus7の新型発売に注目していた。このままだと8月中にも出てくる nexus7(1023)を買うことになるだろう。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

 

安い通信料でスマホを使う(1)

 前の記事で、月1,260円で電話とインターネット接続が可能なスマートフォンを使えると書いたので、安価な回線を使ってスマートフォンを使う方法について整理してみることにしました。
 私は家にも農場にも光ケーブル+無線LANを入れているし、PCはどちらにもある上に更に持ち歩いているから、移動途中は車を運転するわけだし、移動通信は基本的に不要と考えていました。しかし、昨年暮れにタブレット(NEXUS7)を購入したあと android にはまり込みました。NEXUS7は、最初のうちは家の無線LAN環境で使っていましたが、じきにMVNOというFOMAの電波をまとめ買いして小売りするというサービスに気づき、IDEOSという小さなandroidスマートフォンをn-mobileのSIMとセットで買って、これをモバイルアクセスポイントとして利用し、移動時にも通信ができる環境を揃えました。
 
 nexus7を購入
 通信手段を入手した

 冒頭に書いたように、要らないと思っていた移動時通信手段ですが、実際にそれを使ってみるとなかなか便利であることがわかりました。ただ、家には無線LANがあるわけですから、なくても済む程度のものかもしれません。ただ、費用が安いこと(最初のIDEOS+B-mobileシムは、追加なしで1年間使い放題)から、これならあってもいいというところがあります。通常のスマートフォンの費用(4,000~7,000円くらいか)であれば話は別です。

 さて、便利なところを整理してみましょう。最近の私はほとんど携帯電話と携帯メールは使わなかったのですが、実は直売所のお客さんとのやり取りはメールです。主としてPCでアクセスするGmailですが、これはタブレット利用に変わりました。月曜の朝は結構忙しく飛び回っていますが、注文メールチェックはとても楽に早くなりました。メールについては、携帯メールはほとんど使わなくなり、tabletでのGmail主体に変わりましたね。あとは、facebookの確認やメッセージのやり取りも早くなりました。その他については、google mapをナビとして使えるとか、わからないことはたちどころにwikipediaで調べられるといったことがあります。
 ということですが、果たしてこれが便利になったと評価すべきなのかどうかは微妙です。家に帰った数時間後にPCでメールやfacebookをチェックすればいいような気もします。私は、パソコン通信の時代からネット漬けのようなものでしたから、これはいいと思いますが、まあ、1000円/月以下だからいいか、という気持ちもありますね。携帯電話会社に毎月何千円も払うのであれば、ちょっと考えものと感じます。
 
 この程度のことでも、スマートフォン本体のほかに月1000円程度支払ってもいいということであれば、これ以降も付き合ってみてください。もし、6000円も7000円も出してもいいということであれば、携帯電話会社に任せる方が簡単だと思います。いやあ、とてもそんなにかける気はないよ、ということであれば続きをお待ちください。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

通信料が安いスマートフォンについて

 以前から当BLOGに android というカテゴリも用意して、色々たびたび書き込んでいるように、世の中の趨勢とは無関係に、 android に凝っている。今年の初めから延々と続けてきた試行錯誤の結果、通信用のメインは galaxy nexus (SC-04D)というスマートフォンに落ち着いた。これにIIJMIOの月額945円のSIMを入れてある。このSIMは、月間500Mまでは比較的高速の通信が可能で、低速モードでも大体200KBpsレベルの通信が可能である。モードの切り替えはアプリで行える。これ単体でもインターネット接続ができるが、テザリング(モバイルAP)機能により、他の端末を無線LANでつなげることができ、そちらの端末でもインターネット接続が可能である。
 この200KBpsという速さだが、正直なところあまり速くはない。しかし、メールやFaceBookをやるには(写真以外)あまり問題はない。急ぐときは高速モードに切り替えれば改善される。アプリのインストールなど、多めのデータを受信する場合は、無線LAN環境下で行うようにすればいいだろう。このような工夫をすれば、1000円以下の格安のインターネット環境を持ち歩けるわけである。
 さらに、050プラスという月額315円のサービスに加入したので、これを携帯電話としても使うことができる。通話料は、固定電話8.4円/3分、携帯電話16.8円/分とこれも安い。通話音質は、今年の初めごろは今一つだったが、アプリなどのチューニングが行われているようで、実用上問題ないレベルまで向上してきた感じである。自宅や農場ではWiFi経由でNEXUS7を使うことが多いが、画面の大きさ以外はほとんど同レベルのSC-04Dも外出時は便利な端末である。ということで、月額1260円で電話もできるスマートフォンを持つことができるのである。
 一応、FOMAプラスエリアでも使えるので、もともと持っていた携帯をやめることもできるのだが、ほとんどカミさんとの連絡しか使わないので、私だけ替えても無料通話が使えなくなるというデメリットが発生する。当面は発信専用ということになる。カミさん愛用中のラクラクフォンをスマートフォンに替えさせるのはなかなか容易ではなさそうだから。
 
 ところで、USAではNEXUS7(2013)、つまり新型が発売になっている。いずれ日本でも販売となるはずだ。今のNEXUS7は、色々なアプリを導入したせいか少し反応が悪くなっているのだが、タイミングよく新型が出るものである。引き続きSC-04Dにはテザリング端末として頑張ってもらい、手元で使う端末としてはNEXUS7の新型を導入する予定だ。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

増殖中のモバイルツール

0615DTI_SIM.jpg

 本日、DTIのシムがメール便で届いた。これは予定通り galaxy camera に装着して設定したが、農場のエリアの電波=FOMAプラスには galaxy camera 自体が非対応なので、まだ動作確認は済んでいない。これで、結局FOMAのシムは4枚になった(ガラケーを含む)。このうち、友人に貸与中の日本通信のものは、通信料は購入時に一括支払い済みで、年末に自然消滅となる。電話はほとんど使わないから、これからいろいろ検討して1~2枚に絞っていこうと考えている。

モバイル機器類

 現在の携帯端末を並べてみた。右端は携帯P-06C(2011/12製)である。契約は最も基本料金が安いもので、留守電とimodeのみをオプションとして追加している。通常の月は無料通話の範囲内で収まっているため、支払いは基本料金程度である。
 上の中央はNEXUS7だ。私にとっては android の面白さや便利さを再認識させてくれた記念すべきタブレットである。データ通信機能はWiFiに限られているが、家の無線LAN環境はもちろん、外出時も他の端末のテザリング機能(モバイルWiFi)で問題なく使えている。7インチのタブレットは、今のところベストサイズという感じだ。
 上の左は galaxy nexus (SC-04D) である。2011年12月に発売となったモデルで、私は知らなかったが昨年の一時期は投げ売りになったらしいが、私は最近になって中古で購入した。IIJMIOのシムを月額945円の契約で使い始めたが、DoCoMoの端末にはつきものの問題(セルスタンバイで電池が異常に減る、テザリングできない)が発生するため、かなり苦労して、中身の基本ソフトを入れ替えた。この結果、FOMAプラスを含めてうまく電波を掴みテザリングもできる万能端末に生まれ変わった。今後、シムフリーの機械はいろいろ出てくると思われるが、DoCoMoブランド以外ではFOMAプラスを掴めない可能性があるため、当面は便利なスマートフォンとして使い、そのままテザリング用としてずっと使うことになるだろう。
 左下は一番新しい galaxy camera である。せっかくシムフリーなんだからということでDTIのシムを入れてみたが、本来はいつも持ち歩くはずの galaxy nexus (SC-04D) のテザリング機能を使えば問題はない。ただ、 galaxy camera のみを持ち歩いて全部用が足りるということにも魅力があるので、試験使用するのである。DTIのシムは、公称速度は遅いのだが150円/月のSMSオプションを足すことによってセルスタンバイが発生しないはずであり、050電話も使えるらしい。これが本当に使えれば、月額1000円程度で音声電話も使えるスマートフォンが出来上がるのである。
 さて最後は右下の Philips GoGear Connect である。本来はメディアプレーヤーなんだが、メモリー量が少なくてあまり使えない。android 2.3 の実験・検証用である。これは、おそらくサムスンせいだと思われるが、とても出来がいい。一目ぼれで買ってしまったものだ。
 
 ということで、当分の間いろいろ組み合わせて遊べそうだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

galaxy camera を使い始める

 使い始めたこのカメラは、至極当たり前のものであった。今日は買い物などに車を使ったので、山頂公園を歩くといった撮影にピッタリの状況は少なかったのがちょっと残念だった。街や店を歩いていて、メールやfacebookのチェックをすることはあるが、携帯端末としてはほぼ同類の galaxy nexus も持ち歩いているから、galaxy camera の出番は多くない。デジカメとしては、今までの所有品とそれほど違わないだろうと思っていたが、マイカルで撮った鳩の写真を見ると、結構よく撮れていた。

0610はと
と思ったが、拡大してみると結構粗い気もする。デジカメとしてはもうちょっと見極めたい。
 
 せっかくシムを入れられるので、到着後すぐにDTIにアクセスし、serversmansSIM SMSオプション付きを注文した。このSMSオプションというのが重要だと思っている。セルスタンバイという電池を消耗する不具合を防げるらしい。今週中には農場に届くはずだが、残念ながらgalaxy camera 自体が農場のあたりのFOMAプラス対応ではないので、1台で何でもできるようになるのは来週横浜に帰ってからの街歩き時間からだ。アプリについては、まったく勝手知ったるもので固めたから、かなり使いやすくなってきている。撮った写真を利用してBLOG記事を書くなどは朝飯前だ。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

到着galaxy camera





本日夕刻、galaxy cameraが到着した。色々撮ってみたいが、外は暗くなったし、箱と鏡でお茶を濁す。裏返すとandroidスマホとほぼ同じ。これは他(NEXUS7 & GALAXY NEXUS)とは異なりデジカメメインなので、アプリは厳選してみた。
なんだか、究極の合体メ力であり、こういうものが好みの私は触れているだけで楽しくなってしまう。明朝が楽しみである。この記事だが、galaxy cameraだけで撮って書き、アップロードもやってみた。DTIのSlMもさっき注文したので、その到着後には、山間部以外これだけでもいけるはずだ。でも多分、3台セットで持歩くと思う。

ついに購入に踏み切る(galaxy camera)

 つくづく物好きだなあ、と自分でも思うが、android が載っているデジカメを注文してしまった。前の記事では保証の問題が懸念材料であるとしていたが、その後いろいろ調べてみた。日本で最も安く買えるところでは、スマートフォンなどは有償で保険をつけるらしいが、デジカメは対象外とあっさり断られてしまった。
 これまで相当数(20台以上か)のデジカメを買ったが、結構壊れたことがあり、特にズームレンズ周りは弱いものが多いので、21倍ズームの機械を初期保証のみで使う気にはならなかった。かなり気に入っていたもので、何とか1年保証のところを見つけて購入。最安の店とは結局7,000円程度高い買い物になったが、それは安心料だろう。
 で、どんな機械かというと、結構ちゃんとしたデジカメにスマートフォンの機能が付いたものだ。この前に考えていたNIKONS800cとは違い、どこを見ても一応のレベルは確保されている。android は4.1であり、今持っている4.2.2の一つ前のバージョンだが、問題はないだろう。カメラとしてのソフトはちゃんとしたものが当然載っているが、その後の処理(BLOG、facebook,dropboxへのアップロード、画像処理)などは任せてくれというところだろう。おまけにSIMが入る。日本通信のシムが1枚余っているので当面それを入れておき、FOMAプラス対応ではないはずだから、農場ではgalaxy nexusのテザリングに繋いで使うつもり。到着が待たれるところだ。
 で、どんなカメラ・スマートフォンかというと こんなものです。
 
 
   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

次の android

 最近 android に傾倒中だが、やはりデジカメ+android は必要だと強く思い始めた。Nexus7 は背中のカメラがないため、自分の顔を撮るくらいしか使いみちがないが、 galaxy nexus は 両側にレンズはあるし、 Jerry Bean 4.2だから、photo sphere モードがついているし、何より素晴らしいのは撮った写真が dropbox に自動的に入るところだ。しかし、カメラとしてみると色々な点で不十分なところは否めない。WiFi機能付きのデジカメも便利かもしれないが、android に慣れてしまった身としては、中途半端感が先に立つ。
 ちょっと前から、NIKON S800C をウオッチしており、価格もだんだん下がってきているのだが、いまどき android 2.3を買うのもちょっと残念である。そうすると選択肢は一つ、GalaxyCameraということになる。samsungのデジカメというと、上海に出発する間際の成田空港でデジカメを落として壊し、ついてすぐ買ったことがあったが、当時は和製デジカメに比べると相当レベルが低い感じがあったが、android4.1を装備するデジカメはほかにはない。ただ、日本国内では売っていないため、並行輸入品などを買うことになってしまう。デジカメほど壊れやすいものはないから、保証の問題も懸念事項だ。金額的には4万円台前半だから、デジカメとしてはちょっと高い買い物になる。ということで、買うべきか買わざるべきか、実に悩ましい。しかし、これまでを振り返ると、デジカメについては、1~2年で次のモデルを買ってきたから、とりあえず購入して日本のメーカーが気付くのを待つ手かもしれない。
 
 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


GOOGLEの凄さ、このままいくと

 あらためて android のことを調べていたら、 Google Goggles というアプリにたどり着いた。まだ日本語対応にはなっていないようだが、インストールはできる。とりあえず nexus7 と galaxy nexus(SC-04D) の2台にインストールしてみた。

画像検索したりしてSC-04Dのカメラで撮りチェックすると、いろいろな結果が出てきた。

フジモリ
建築 画像で調べたものをやってみたら、藤森照信さんの作品を指摘した。しかし、建物名までは出てこなかった。この領域では、もっといろいろやってみたい。

JAZZ
自動車では、ホンダFITをやってみたが、アメリカではJAZZという名前で売られているらしい。

CB750.jpg
オートバイでは、伝説的名車CB750を調べたら、CB200となった。完全ではないらしい。

ルノアール
ちょっと方向を変えて絵画を試してみたら、ちゃんと認識した。

ところで nexus7 の中の画像データを探ってみたら、

ドクゼリ
 確かセリとドクゼリの違いを調べたことがあり、その時に保存したものらしき写真をチェックしたら「ドクゼリ」と出てきた。自分で撮ったものか、どこからかダウンロードしたのかは記憶にないが、データの日時は夜の8時ごろだから、現物がうちにあったわけではなさそうだ、一安心。
 
セリ
 セリで調べた画像を撮ってみたら、「セリ」と表示された。フィールドでやってみたら、花の名前や樹木の種類がわかるんではないかと期待が膨らむ。
 
 ところで、私の顔写真を試してみたら、該当なしになったのでちょっと安心した。もっとも、分かったとしても個人情報は出さないようにしているだろう。有名人でチェックしてみたらどうなるだろう。当分これで遊べそうだ。
 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

android追加

 大和市の方に出かける用があり、その帰りにPC-DEPOTに立ち寄った。ぐるりと一回りして出口でチラシをもらい、車に戻ってざっと眺めたら面白そうなものが見つかった。Philips GoGear というメディアプレーヤーなんだが、android 2.3で動いているというもの。これはちょっと見てみようと店に戻って見せてもらったんだが、大体レベルとしてはIDEOS(ただいま出張中)と同程度のものだが、出来がいい。おもちゃとして購入することにした。

またandroid
    一番左が philips GoGear Connect 3 、Galaxy Nexus 、Nexus7 と並べてみた

 車に戻って電源をつなぎSWを入れようとしたが、何度やっても電源が入らない。すぐに店に戻ってチェックしてもらったが、不良品ですといって交換してくれた。10日間交換保証ということだったが、その場でチェックして正解だった。本当は早く点けてみたかっただけなんだが。
 帰宅していろいろいじってみたが、android2.3 だから勝手知ったるものである。ただ、音楽用のアプリがいくつも組み込んである。ただ、どれも日本では使えないといわれてしまった。ただ、songbirdというアプリでPCとの連携ができるらしいので、今後これでいろいろやってみるつもり。ただ、SDカードが入らないためメモリーは最低限しかなく、実験レベルで終わりそうだ。
 もう一つ気にかけているandroid製品 NIKON S800C の価格も敷居を跨げるレベルに近づきつつあるので、次はそれかもしれない。ただ、androidも4.1以上の時代になってきたので、少し待ってみることも考えている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


移動時通信方法:確定中

 今年の初めごろからいろいろ模索していた移動時の通信スタイルがほぼ固まってきたので、ここで整理しておこう。横浜にいて街に出かけるときなど、ポケットには2台の android を入れていく。1台は nexus7  2台目は galaxy nexus (sc-04d) である。前者は7インチ、後者は4.7インチと画面サイズは違うが、googleが android のリファレンス用に開発したもので android 4.2.2 を搭載していること、画面密度が同じ(1280×720)といった共通点がある兄弟のような機械である。ただ、後者が電話のシムを組み込むことができる、いわゆるスマートホンであることに対し、前者はそうした仕掛けを持たない単なるタブレットである点が異なっている。
 そこで、両方の使い分けのようなところに触れていくが、家などの wifi環境を離れると、IIJMIO のシムを入れた galaxy nexus (sc-04d) の出番である。速度は 200KBps と大したものではないが、メールや facebook のチェックには我慢できる範囲内である。私の980円/月の契約でも6月からは500Mまで速度制限を外すオプションがつくらしい。そうなれば、私のようなパターンでは余るくらいだと思われる。それで、さすがに画面が小さくて見づらいような場合、テザリングという WiFiのアクセスポイントとなる機能を生かし、 nexus7 をつないで使うことができる。まあ、そんな面倒なことをしなくても、シムを入れられる nexus7 を買うという考え方もあるだろう。ただ、今週アメリカでは、 nexus7 の新型が発表になるらしい。日本での発売は遅れるだろうが、それでも年末までには買えるかもしれないし、アメリカの娘に買ってきてもらうという方法もなくはない。もちろん、それにもシムを組み込めるタイプが追加となる可能性もあるが、DoCoMoの電波を使う MVNO のシムを入れる場合、特に FOMA+ の電波を掴むところに問題が発生する可能性が高い。農場周辺などの山間部で使うにはここが問題になってしまうのだ。
 そんな事情から、丸一日かけて中のソフトを書き換えた galaxy nexus (sc-04d) は非常に使えるものであることが浮上してくる。それに、050PLUS というIP電話サービスを使えば、音声電話も可能になってくる。昨日は、同じ 050PLUS を契約している娘が私のgalaxy nexus (sc-04d)に電話をかけてきた。じつはこれ、国際電話でも通話料はただなのである(050plusのサービス)。実際には、電話をそれほど必要としない生活パターンなので、ここ1か月くらいで galaxy nexus (sc-04d)+050PLUS で電話をしたのは2回目だったが、ちょっと時間のずれがある以外、温室的にも問題はない。
 
 いろいろゴチャゴチャ書いたが、単独でも一通りのアプリが使え、いざというときは WiFiアクセスポイントとして別の機械にインターネット環境を提供する galaxy nexus (sc-04d) が一つの核になり、それを経由してインターネットに接続する別の機種(現在は 初代nexus7 )を組み合わせて使うというスタイルが今後当分の間続きそうだ。まあ、別の機械が iPADであったとしてもかまわないんだが。なお、前提として 月額1000円以下の通信用シムを使い、場合によってはそれに315円/月をプラスして音声電話用としても使おうという考え方によるものだ。私の場合、ガラパゴス携帯を最低料金の2000円弱で併用するのだが、これを加えてもそれほど高くはない。スマートホン使うためにお金はいくらでも出すという方にはもっと別の選択肢があるだろう。ということで、今年の後半は7インチか10インチのタブレットの選定という楽しい研究課題が待っているのである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

働く galaxy nexus

 NEXUS7 よりも小さなスマートホンだが、結構よく働いている。それは写真だ。
 作業で畑に出るときなども、一つ持ち物が増えたわけだからデジカメを忘れることも多い。そんなときにこれが役に立つ。撮った画像データは、家のWiFi環境に戻るとDROPBOXにアップしてくれるので、実はデジカメより簡単だ。今値下がりを待っているNIKON S800C(=android付きデジカメ)がしきい値を超えたら買ってしまいそうだ。
 もう一つは sphere という360度カメラだ。おそらくストリートビューの画像処理がベースだと思うが、実に簡単に身の回り360度を撮ることができる。この簡単さは画期的だ。残念なのは、現段階ではgoogle+にアップしないとうまく見えないことだが、これはそのうち何とかなるだろう。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ほぼ一日、android漬け

galaxy漫画

 昨年末にMVNO(FOMAの電波を切り売りするサービス)のシム(b-mobile)とモバイルwifiとして使えるandroidを買ってから4か月が過ぎた。その間、シム(iijmio)を買い足し、中古のスマートホンも購入してあれこれやっていたが、なかなか思うようにはいかなかった。そのあたりの経緯は何度かBLOGにも書いた。
 
     通信手段を入手した

     移動通信環境を考える

     ついにスマートホン持ち

     移動通信環境3 壁が・・・


 今日はビニールハウスのお守りで早めに農場に戻ってきたのだが、会所エリアは昼前から雨が降り出し、どうにも仕事にならない。そこで、じっくりスマートホンを弄繰り回すことにした。
 スマートホンは、DoCoMoの Galaxy Nexus(SC-04D) という機種で、変遷のテンポが速いこの世界ではすでに過去のものになっているといってもいい。ただ、Nexus とついている通り、Googleのリファレンス用機種の位置付けで、android 4.2.2 という最新バージョンまでアップグレードできるという拡張性に特徴がある。反面、DoCoMoのものであるから、MVNOシムではテザリング(ポータブルWIFI機能)が使えないとか、セルフスタンバイという、余分なことをやって電気を食うという困った問題がある。ただ、農場のあるところのような山間部では役に立つFOMAプラスという電波を掴めるのはDoCoMoの製品でなければ難しいが、これが可能という長所もある。
 今日の作業は、androidを、DoCoMoが配った4.1.1からgoogle提供の最新バージョン4.2.2にアップグレードすること、FOMAプラスを含むDoCoMoの電波を掴めるようにソフトを書き換えること、セルフスタンバイの問題を解決するための操作を加えることの3点である。幸いなことに、先駆者は大勢で経過はググるといろいろ出てくる。ところが、人と同じようにやればできるかというと、そんな生易しいものではなかった。基本的に、android端末をUSB経由でPCにつないで作業を進めるのだが、端末の状態によってDriverが異なり、これを正しく組み込まないとうまくいかないので、その辺を理解するまでは堂々巡りを何度も繰り返した。
 しかし、何とか最新の状態のandroidでFOMAプラスの電波を掴んでテザリングが出来(wifiになる)、050PLUSも使えるという思い描いていたスマートホンが出来上がった。しかし、同じことをもう一度やるのはもうゴメンという感じである。050PLUSは、一つのゴールのようなものだったが、実は電話をかける必要はほとんどなく、普通の携帯があればそれで十分というところが誤算だったかもしれない。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


移動通信環境3 壁が・・・

 Samsung galaxy nexus + IIJMIO(sim) は、一昨日街を歩いているあいだも十分使え、こりゃいいじゃないかと思わせるものだった。この間、テザリング(ポケットWiFi化機能)は使わなかったのだが、実はここに問題が潜んでいた。一応、電波を出すのだが、NEXUS7をそれにつないでもインターネットには接続できない。どうやらDoCoMoができないような仕組みを組み込んでいるらしい。
 世の中のモノズキナ人たちの間では、中のソフトをそう入れ替えしたりすることがよくあるらしいが、どうやらその道を歩むことになりそうだ。文鎮化の危険と闘いながらである。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ついにスマートホン持ち

2台のNEXUS

 「移動通信環境を考える」でちょっと書いたが、年末に1枚目のMVNOのシム(日本通信)を買い、おまけ的にセットになっていたIDEOS(android端末)をポケットWiFiルーターとして使いはじめていたが、100KBpsという速度でも電話にも使えるのではないかということで、050PLUSというサービスも申込んでみた。結果は、そもそも日本通信のそのシムではSKYPEも含め音声データは通さないようになっているらしく、うまくいかなかった。そこでIIJMIOというシムを買い、とりあえずIDEOSで050PLUSを実験して×、次にNEXUS7をWiFiで使ってみたらOKだったが、IDEOSのWiFiでつかったら×に近い△という結果だった。

 そして先日、検討していたGalaxyNexus(SC-04D)の新古品を購入してみた。しかし、これがなかなかの曲者であった。もともとはDoCoMoが販売していたものだから、実質DoCoMoのシムを提供するMVNOは一応問題なく使えるはずなんだが、結構有名な障害である「セルスタンバイ」がやっぱり発生した。携帯の電波は音声用とデータ通信用に分かれているらしいが、私が買ったIIJMIOのシムは音声は非対応になっている。SC-40Dは音声用の電波をつかめないと勘違いして、全力で電波を探しまくるらしい。その結果、電池がどんどん減るという障害だ。
 予測していたことではあるのだが、このままでは引き続きIDEOSをポケットWIFIとしてもちあるくことになってしまう。そこで、昨日一日を費やして対策を講じた。もう一回やれといわれてもとてもやる気はしないような面倒な作業だったが、PCとアンドロイドをつないで中の設定を変更するのである。iPhoneでは脱獄といったりするらしいが、ソフト的なカギを外して中に入り込み、設定データを書き換えてしまいなおすという作業である。Androidはアップル社よりはオープンで、ツールキットなどもあるからやりやすい面もあるのだが、失敗すると「文鎮化」してしまうという恐怖を抱えながらの作業である。朝から始めて夕方にようやくうまくいった。今日はずっと外出し、持ち歩いて使っていたのだが、メールやFaceBookの利用には全く問題はなかった。テザリングもできるのだが、わざわざNEXUS7を出さずにSC-04Dで済ませてしまった。いろいろな店に寄ったが、どうやら前世代の機種のようで、ケースなどのアクセサリーは見つけられなかった。

 SC-04DはNEXUSブランドがついている通り、Googleのリファレンス機のようなものでNEXUS7とほぼ同類である。今の時期はNEXUS4という次の機種が日本で販売される直前であり、5月にはNEXUS7の新型が発表になる見込みだし、ここでSC-04Dを手に入れるのがいいかどうかには若干の疑問もなくはなかったが、農場の周りを含む山間部ではFOMAプラスエリアでドコモだけの電波が使われており、明確にそれに対応しているSC-04Dを選んでみたのだった。まあ、文鎮になる危険性もあり、一世代前の価格が下がったものの方が気楽にいじれるということもある。引き続きいろいろやって、次のAndroidを改ざんに備えておくことにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


移動通信環境を考える

 私の場合、横浜直売所にも農場にも光ケーブルを導入して無線LANを設置してあり、そのどちらかにいるとき以外は車を運転しているので、本当は移動中の通信環境など必要がないはずなんだが、昔からの性癖のようなもので、どんなときにもネットにつながりたくなってしまうので(あれっ、これは病気?)、去年の暮れにアマゾンで日本通信のSIMとテザリングできるアンドロイド端末(IDEOS)を購入した(通信手段を購入した)。このSIMは、決して速くはないけれど、移動中にメールやFACEBOOKを確認したり、ときどきはMAPをみたりするのに何とか使えている。日本通信のこの商売は、FOMAの電波をまとめ買いして切り売りするもの(MVNO)だが、農場のある会所のような山の中でも使えるのだから、これはなかなか良いものだと思っている。
 最近、このMVNOが広がり始めている。例えば楽天とか、「ほぼスマホ」という商品でどこかが出しているし、月額500円以下のものも出てきている。このあたりは「もちあるいてなんぼ」というBLOGに詳しいので、毎日見に行っている。月1000円以下のサービスでは、公称200Kbps程度の速さだが、普通のメールチェック程度ならこれで十分という感じである。さっき書いた日本通信のSIMは今年いっぱいは使えるのだが、新しいものを買って試してみたくなり、昼間イオンに出かけてIIJMIOという945円/月のSIMを購入してきた。これには一つの目的があり、それは050PLUSというモバイル用のIP電話を試用するというものだった。使えるなら携帯をやめるという選択肢も出てくる。
 それで050PLUSも加入して早速使ってみたのだが、音が割れてほとんど使い物にならない。あと先になったが、いろいろ調べてみたところでは、やはりIDEOSという古い Android端末では無理らしいことが判明した。ちょっと気になっている Galaxy NEXUS SC-04D なら大丈夫というので、これを買うことを思案中だが、年内にはNEXUS4、あるいはそのあとのNEXUS5、もう一つの選択肢で新型NEXUS7まで出てくるようなので、実に悩ましい状況だ。
 と、ここまで書いていて思いついたのが、NEXUS7を電話機にする方法だ。早速050PLUSのアプリをインストールしてテストコールをやってみると、まったく問題ない。今は光経由のWIFIだったので、次にIDEOSのテザリング機能につなげて試してみたら、これも全く問題がない。当面、発信については携帯よりずっと通信料が安い050PLUSを使ってみることにしよう。7インチタブレットを電話に使うのはちょっと異様かもしれないが、もともとあまり電話はしないから、これから出てくる新型をじっくり待つことにした。
 
   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

android 4.2.2 降臨

アップデート

 心待ちにしていたNEXUS7のOS(android)アップデートが本日実行された。事前情報ではたいして変化はないというが、何となく楽しみである。ところで、Google 自前の android端末であるこのシリーズは色々新機種も出ている。日本での発売が遅れていた nexus10 の発売が始まったし、nexus7の simフリー版も発売となった。どちらも魅力的で欲しいところだが、5月には7の第2世代が発表となるらしいし、在庫を日本で売りさばこうという感じの10にしても、早い時期に第2世代が出るような気がする。ということで、当分android 4.2.2 の NEXUS7を使っていくことになる。

アップデート2

 昨年から検討継続中のwindows8のハイブリッドノート購入については、あまりあわてることもないと思い始めた。それよりはむしろタブレットの買い換えの方が優先という気持ちになりつつある。ただ、タブレットの選択肢の中にはwindows8のものも含まれる。例えばiconia W700などだ。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

電気難民対策

 携帯電話は昔に比べて電池の保ちが段違いによくなったが、スマートホンなどはまだかなり厳しいようだ。とヒトゴトのようにいっているが、私が使っているテザリング機能付きのandroid IDEOSもその点ではかなりひどいもので、元々の電池では数時間、オプションで買った大容量電池でも朝から夕方までしかもたない。
 もともと両方の家に無線LANがあり、移動は車の運転をしなければならないから、ポケットWIFIもいらないし、車なら12Vから簡単に充電できるから電池の心配など無用なはずだが、どうも電池の消耗に対する恐怖感をぬぐえない。このため、ちょっと前から外部大型電池を模索していたのだが、20000mAhというものを見つけた。しかも送料ゼロで2,780円と格安。2.1Aと1.0Aの出力があるから、2台の android を同時に充電できる。これで一昼夜の強行軍でも(そんなことはまず無いんだが)大丈夫。

 電気がなくなったら困るという恐怖感に悩むアナログ的デジタル人間にお薦めする。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

flightradar24が活躍

 年越しで帰国していた娘が、今朝のANA2で成田からワシントンに戻った。そのちょっと前には姪親子がイタリアに飛び立った。何だか賑やかな一家である。こんな時は例のソフトの出番である。今ANA2はモンタナ州の上空を飛行中らしい。このあたり、州の境界はほとんど直線である。あくまでも平らで、特段の目印もないのだろう。
 昨年3月には我々夫婦がワシントンまで出かけていったのだが、アメリカ大陸に上陸してからも結構時間が掛かった。大きな国である。これから5大湖のそば、ミネアポリスやシカゴのそばをかすめてワシントンに到着するようだ。まだ3時間も残っている。
 それにしても、アメリカの地理は全くわかっていない。州の名前くらいは聞けばわかるけれど、一体それがどこにあるのかは全く不明。もう一度くらいワシントンにも行ってみたいものだが、それまでにちょっと州の位置関係ぐらいは頭に入れて縦断したいものだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

飛行機追跡中

 今、2台のAndroid(NEXUS+LifeTouch Note)と Thinkpad の3台で羽田中心エリアの飛行機をウォッチしている。これは相当面白い。夕方以降、羽田をめがけてくる飛行機はかなりの数である。すぐに待ち行列ができてしまうようだ。
 
羽田混雑
 
 相変わらず会所の上空を飛ぶのは東南アジアからアメリカ北部を目指す通過便のみである。夜空ではライトが点滅しているので昼間よりは認識しやすい。ところで、そんな通過する飛行機で妙なものを見つけた。シカゴ発ボストン行の便だというのだ。色々調べてみたら、「航空便リアルタイム追跡」というサイトを発見、ここでAAL288便を調べたらどうやら上海発シカゴ行きらしい。

AAL288?

AAL288.jpg

何故こんな間違いが発生するのか、これも実に興味深い。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
  

LifeTouchNote の意外な機能

 青森周辺を走行中の電車の中で、そういえばGPSの機能が付いていたと思い出した。GPS Essencials というソフトだが、これまでは Satellites という衛星の状態をチェックする機能しか使ったことがなかったけれど、DASHBoards という機能があやしいということでそれをいろいろいじってみた。そうしたところ、高度や速度、距離などの種々の計測機能があることを発見した。
 そもそもやってみたきっかけは、青い森鉄道の電車が結構スピードを出しているので計測したかったからなんだが、結局それには間に合わず、次の奥羽本線の時に使えるようになった。その電車の最高速度は92キロ。今日は計測の本番、はやぶさではなくはやて(E5)だったが、盛岡仙台間で276キロという速度を記録し、それが昨日の最高だったと思われる。これはなかなか興味深い機能で、次の旅行が一気に楽しみとなった。飛行機だったら一体どんなことになるだろうか。

最高速度
    左下が最高速度の表示部、276km/Hという数字が見える

 ただ、いろいろ障害もありそうだ。東北新幹線、特に青森八戸間などはトンネル区間がきわめて多い。速度gは早かったり、前回計測した場所と離れているからか、なかなか衛星を捕捉しない。ちょっとだけトンネルから出たというだけではどうも無理である。あと、今日の帰りなどは結構早く電池がなくなっていた。グランクラスではACを使えるから問題がないが、きっとGPS機能が裏で動いているときは電池の消耗が激しいのかもしれない。
 そのDASHBoards という機能にはいろいろなものがそろっており、思わぬ使い方がまだまだ見つかる可能性がある。今後の研究課題である。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。


プロフィール

ルーキーファーマー

Author:ルーキーファーマー
房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

ブログ村ランキング
にほんブログ村ランキングに参加しています。投票と「定年後の暮らし」バナークリックお願いします。
カテゴリ
最近の記事+コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
管理者への連絡・ご意見など
BLOG管理者への連絡、定年帰農者連絡会(メーリングリスト)に参加ご希望の方、メールアドレスと内容を記入してお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

新記事連絡メール:登録
必要ならアドレスを入れボタンを押す


提供:PINGOO!
リンク
HS月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード